テクニカルライブラリ

Featured Items from our Technical Library

Please use the navigation on the left to access hundreds more.


main image

スプリット注入法を用いた水サンプル中のグリコール類分析

スプリットレス注入を用いた水サンプル中の低濃度グリコール分析では、安定した結果を得るのが困難です。これは、主にバックフラッシュやピーク形状の異常、保持時間のずれといったことに起因します。ここで示すスプリット注入法では、これらの問題を回避して良好な結果を得ることができました。耐久性試験において、Rtx-Waxカラムは600回の水注入後でも安定した結果が得られました。
詳しく見る




Increase Sample Throughput with New 15-Minute, Low-Level PAH GC-MS Analysis

Polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs) are analyzed at low levels around the world in order to protect human and environmental health. The PAH GC-MS analysis shown here uses SIM mode and column and method parameters scaled down from a commonly used semivolatiles method. Good chromatographic results were achieved down to 0.05 ng on-column in a fast, 15-minute analysis time.
詳しく見る


View more Environmental articles...

main image


Featured Application: Volatile Amines on Rtx-Volatile Amine

Restek’s Rtx-Volatile Amine column is specifically designed for GC analysis of volatile amines in challenging matrices. The stable bonded phase is highly retentive and selective for volatile amines to ensure good chromatographic separations and peak shapes. In addition, the column is very robust and able to withstand repeated exposure to harsh sample matrices, such as water.
詳しく見る



DiatoSorb-W珪藻土:何百年もかけて作られた偉大なるクロマトグラフィーの素材

新しいDiatoSorb-W珪藻土は、供給制限をおこなっているわけではありませんが、Restekからのみ入手可能です。この新しい珪藻土は、充填カラムユーザーにとって信頼性の高い代替品です。 供給不足と不安定な品質が続いていましたが、従来の珪藻土カラムユーザーに新しい珪藻土供給源をもたらすことができました。 レステックは現在、Silcoport W パックドカラムや標準的に使用してきた珪藻土の独占的な代替品としてDiatoSorb-Wを使用しています。 全てのDiatoSorb-Wの原材料は、高純度で信頼できる性能を保証するために厳格な品質試験を受けます。 DiatoSorb-Wには、酸洗浄(WAW)、非酸洗浄(WNAW)および高性能(WHP)タイプがあります。
詳しく見る


View more Petroleum & Petrochemical articles...

main image


耐酸性に優れたRaptor ARC-18 によるペプチド分析の最適化

LC-MSによるペプチド分析では、酸性移動相がよく使用され、それにより保持や選択性を変えることができます。ここでは、酸の種類や濃度、カラム温度、グラジエント条件を変えた場合にどのような影響が見られるのかを検証します。Raptor ARC-18 は立体的に保護されており、LC-MSによるペプチド分析では低pH移動相が重要ですが、それによるカラムの損傷に対して極めて安定です。
詳しく見る



Force LC カラムカタログ

Force LC columns are long-lasting and reproducible, even under the stress of UHPLC. Premium quality is backed by the strength of our 100% Pure Satisfaction guarantee. And perhaps most important, Force LC columns are fully scalable between 3 or 5 µm HPLC and 1.8 µm UHPLC, so you can easily transfer and optimize methods without extensive calculations.
詳しく見る


View more Pharmaceutical articles...

main image


LC-UVによるカンナビノイドのハイスループット分析

カンナビノイドのこのUVを用いたシンプルなイソクラティック分析条件は、16種類のカンナビノイドを完全に分離します。これにより正確な効能試験を可能となり、プロファイルデータを報告できます。すべての化合物は9分という短時間でベースライン分離でき、ハイスループットカンナビ試験を必要とするラボに適しています。
詳しく見る



高選択性カラムを使用した多様なマイコトキシンのLC-MS/MS分析

作物のマイコトキシン汚染は公衆衛生上の懸念だけでなく、世界経済にも大きな影響を及ぼします。わずか9分間で20種類のマイコトキシンを分離できる選択性の高いカラムを使用したLC-MS/MS分析により、毒素を正確に特定し、食品の汚染を監視し、さらに経済的損失を防ぐ管理戦略をサポートできます。
詳しく見る


View more Foods, Flavors & Fragrances articles...

main image

LC-MS/MSによるヒト血しょう中の非誘導体化メチルマロン酸分析

メチルマロン酸分析は、ビタミンB12欠乏症およびメチルマロン酸血症を診断するのに重要な臨床検査です。通常、煩雑な前処理を必要とし、かなりの時間とコストがかかります。ここで開発したLC-MS/MS法は、タンパク質変性サンプルの上清をForce C18カラムに直接導入するだけで、アイソバリック化合物からのクロマトグラフィー分離も可能なより簡便な方法です。
詳しく見る



マトリックス干渉のない尿中遊離コルチゾロールならびに コルチゾンのLC-MS/MS分析

一般に、LC-MS/MSによる尿中の遊離コルチゾールおよびコルチゾン分析は、イムノアッセイに基づく方法よりも優れた特異性をもたらします。しかし、コルチゾールをアイソバリック化合物から分離する選択性がカラムには求められます。ここで紹介する方法では、Raptor Biphenylカラムを用いて3分という短時間でターゲット化合物とマトリックスによる干渉を完全に分離することが可能です。
詳しく見る


View more Clinical, Forensic & Toxicology articles...